工事メニュー
屋根葺き替え 屋根カバー工法 雨樋工事 防水工事 屋根葺き直し・漆喰工事 棟板金工事 屋根塗装・外壁塗装 軒天井工事 雨漏り修理 その他
屋根葺き替え
屋根葺き替え

屋根リフォームの中では最も大規模な工事です。
瓦屋根や化粧スレート(コロニアル・カラーベスト)、金属(ガルバリウム)とさまざまな屋根の葺き替えを行っております。
これまでの屋根を解体し、新しい屋根に葺き替えます。防水紙やその下にある野地板などもメンテナンスしますので、安心が長続きいたします。
施工事例はこちら 

屋根カバー工法
屋根カバー工法

これまでの屋根に新しい屋根を被せるのが屋根カバー工法です。
 これまでの屋根を解体しないので、廃材がほぼ出ません。人気の屋根リフォームですが、施工できる屋根と屋根材が限られています。こちらも環境負荷が低い屋根リフォームです。
施工事例はこちら 

雨樋工事
雨樋工事

屋根の雨水を集水して速やかに排出するのが雨樋の役目です。
 雨樋がないと軒先から流れ落ちる雨水で建物の周りに溝が出来たり、泥跳ねなどによってお住まいを傷める原因となります。目立ちませんが大切な部分です。
施工事例はこちら 

防水工事
防水工事

防水工事というと一般的なお住まいには縁がなさそうに思えますが、ベランダやバルコニーからの漏水を防ぐために必要です。
 陸屋根や屋上のあるお住まいは定期的な防水工事が必須です
施工事例はこちら 

屋根葺き直し/漆喰工事
屋根葺き直し

これまで使用していた瓦や天然スレート(石板)を再利用して屋根を葺き替える屋根リフォームです。
とても環境に優しい屋根リフォームと言えるでしょう。
特に「外観を変えたくない」「支出を抑えたい」という方にお勧めです。防水紙やその下にある野地板などはメンテナンスして、刷新します。

漆喰工事

瓦を固定し、支えているのが漆喰です。
瓦の寿命は50年以上と言われていますが、漆喰はそれよりも早く劣化してしまいます。漆喰の劣化は瓦のずれや落下に繋がりますので、定期的に補修が必要です。
漆喰の状況により、漆喰の詰め直し工事、漆喰の積み直し(棟瓦の取り直し)工事があります
施工事例はこちら 

棟板金工事
棟板金工事

 主にスレート(カラーベスト、コロニアル)屋根や金属屋根の棟に使われている板金は強風で最も被害が出やすい部分です。飛散してしまう場合もあります。
 飛散してしまうと危険ですし、ご近隣に迷惑をかけてしまうこともありますから、被害が出る前に交換してあげるのが理想です。
施工事例はこちら 

屋根塗装・外壁塗装
屋根塗装・外壁塗装

四六時中、日光や風雨に曝されている屋根。その中には塗装が必要なものもあります。
 スレート(コロニアル・カラーベスト)や金属屋根、セメント瓦などの屋根は定期的に塗り替えをすることによって美観の保持だけでなく、寿命を延ばすことができます
施工事例はこちら 

軒天井工事
軒天井工事

軒天井とは、外壁から外側に出ている、屋根の裏部分のことです。
その役割は、外壁の劣化防止と延焼防止、屋根裏の換気等です。雨水は直接当たらないものの、湿気がこもりやすい部分になります。 湿気や結露は家にとって大敵です。水分が屋根の下地や垂木に染み込むばかりか、放置状態が進めば腐食による建物の強度の低下、 またカビ等の繁殖によりご家族の健康被害を招いてしまう事になりかねません。
施工事例はこちら 

雨漏り修理
雨漏り修理

壁や天井の染みといった美観の問題だけではなく、柱や梁にダメージを与えるのが雨漏りです。 以前から雨漏りが続いており、何か月も経って室内に侵入してくるケースがほとんどなので、気をつけなければなりません。
施工事例はこちら 

その他
ポリカーボネート交換

■ ポリカーボネート交換
ポリカーボネートという、テラスやカーポートのプラスチック樹脂製の波板は、年月が経つと劣化で変色、変形して強度が落ちてきます。
劣化を放置しておくと、強風で飛んでしまったり、割れてしまって非常に危険です。

その他

■ その他
天窓工事、天井の張替え、フェンスの設置、側溝の設置など…
様々な住まいのお悩みに対応いたします。
施工事例はこちら 

点検・調査・無料お見積り承ります。

電話での受付はこちら メールでのお問合わせはこちら 電話での受付はこちら メールでのお問合わせはこちら